焼酎・日本酒の6本/12本セットが全国送料無料!!その他、送料無料商品多数あり

お得なメールマガジン

メルマガ登録/解除

商品検索

検索

※ログイン前のお客様は、会員様特別割引商品が検索結果に表示されません

大分本格麦焼酎『神々』

プレミア焼酎の贅沢な呑み比べセット

ユーザーレビュー募集中 詳しくはこちら

 

土竜 1800ml

商品コード : pr00019
製造元 : 日本
価格 : 円(税込)
容量:1800ml
数量
 
◆ギフト対応不要の方は、
下記項目はご記入なさらないで下さいませ。

◆ギフト対応ご希望の方は、
上記選択リストの項目からお選びください。また、<熨斗>・<メッセージカード>ご希望の方は下記項目をご記入下さいませ。

  • ギフト対応<熨斗> ※表書き「例:御祝い」と、送り主様のお名前をご記入下さい。

    入力できる文字数:半角20文字

  • ギフト対応<メッセージカード> ※ご希望のメッセージをご記入下さい。

    入力できる文字数:半角160文字

■プレミアポイント

五臓六腑に染みわたる洗練された上質の香りと深い味わいを楽しめる地力のある芋焼酎!

■蔵元ストーリー

今や「焼酎=鹿児島」と言われるほど全国的に有名ですが、昭和41年、県・市・各機関からの「焼酎を全国へ広めてほしい」という 要望をうけて、鹿児島県酒造協同組合傘下の各業者の協力により創設されました。「鹿児島に2つとない焼酎」という意味の「無双」 の名前は、鹿児島を代表するにふさわしいと県民からの一般公募で決められました。また、商品の『赤ラベル』は、戊辰戦争で西郷軍が掲げていた「錦の御旗(ミハタ)」をイメージし、「鹿児島の焼酎」をアピールしています。

■原料ストーリー

芋:コガネセンガン

■テイストコメント

旨味、キレがあって美味しい。飲み飽きしない、味わい深さがある。白麹のやわらかな風味と無濾過のコクが絶妙なバランスを保っている。お湯で割ったときの香りがまた格別。

■製造方法

耐用年数はもって5年といわれる木桶蒸留器。蒸気がやわらかく、杉の木の香りが移り、芋本来の甘みとまろやかな味わいを生み出します。 県内でも作る方がお一人しかいない大変貴重なものです。本格的な熟成酒を得るために素焼きの甕に寝かせます。遠赤外線効果に加え、容器自体の気孔に詰まった空気により熟成が進み、まろやかな焼酎が生まれます。焼酎が呼吸をするといわれる所以です。地中に埋め込まれた甕壷。外気に左右されず、その形状・容量が絶妙な混ざり具合と安定した品質の極上の醪(もろみ)をつくりだします。この蔵では、一次の仕込みはもちろんのこと二次の仕込みにも甕壷を使用しています。

■地域の特色

鹿児島市は、九州の南端鹿児島県本土のほぼ中央にあって,東経130度23分から130度43分、北緯31度17分から31度45分に位置し,北は蒲生町,西は日置市,南は指宿市などと接しています。市街地は、鹿児島湾に流入している甲突川など7つの中小河川により形成された小平野部にあり、その周辺は、海抜100mから300mの丘陵地帯(シラス台地)となっています。歴史上においては、近代日本の黎明、明治維新で、薩摩藩の元勲西郷隆盛・大久保利通などを筆頭にその原動力となり大いに活躍したのをはじめ、黒田清隆・松方正義・山本権兵衛が歴代総理大臣を務め、軍人では西郷従道・大山巌等、教育界では森有礼(初代文部大臣)、実業界では五代友厚が、また文化の面でも黒田清輝・藤島武二(洋画家)、有島武郎(小説家)等、幾多の人物を輩出しました。その間、明治4年に廃藩置県とともに県庁の所在地となり、同22年4月には市制が施行されました。鹿児島市は、第二次世界大戦の戦火で市街地の約9割を焼失しましたが、市民のたくましい建設意欲のなかで思い切った都市計画が策定され、将来の躍進に備える礎が築かれ、戦後は観光・商工業の発展とともに市域も拡大し、昭和42年4月29日には隣接する谷山市と合併して人口38万人の新鹿児島市が誕生、同55年7月には人口50万人を突破しました。その後、平成元年には市制施行100周年を迎え、平成8年4月1日には中核市に指定されました。また、平成16年11月1日には吉田町、桜島町、喜入町、松元町及び郡山町と合併し、政治・経済・社会・文化等高次な都市機能が集積した南九州の中核都市として発展を続けています。

■原材料
さつまいも・米麹
 

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
 
 
氏名内容評点日付
 
美雪五臓六腑に染みわたり、ホンマに旨いわー!2015/06/20

ギフトラッピング始めました 〜大切な人への贈り物、ラッピング承ります〜

贅沢な呑み比べセット!人気の銘柄1800ml×6本 海・元老院・吉兆宝山・富乃宝山・薩摩茶屋・くじら